物への出会いも大事なこと

人との出会いは勿論のこと、物に出会う事も生活を豊かにしてくれるチャンスだと思っています。その一つ一つの大事な出会いを記述して残していくブログです。

【堀江貴文】噂の本、「多動力」を読んで思ったこと

妻が堀江貴文さんの「多動力」の漫画バージョンを購入していたので、お借りして先ほど2時間くらいで読み終えたので思ったことをブログにしてみました!

 

まず、インパクトがあったのが、

 

 1.明日から会社が一ヶ月休みだったら何をする?

 

    2.そのやりたい事を明日からやってみよう!

 

という部分。

 

私は、有給も36日残っているので一ヶ月休んでもダメージゼロなのですが、会社が一ヶ月休むなんて事を許してくれない。公休は決められた日をちゃんと休めって言ってくるのに有給はダメって変な話ですよね。どっちも法的に定められた義務・権利なのですが、何を勘違いしているのか権利に当たるものは後回しなんですよねー。

 

まあ、それもそんな環境に合わせている私自身のせいで会社のせいではありません!

 

と、話がズレましたが、明日から一ヶ月休みだったら私は日本一周か世界を横断するかのどっちかをしたいですね。

 

目標・目的とかで無くて夢中になって出来る事は「旅」なんだなと昨日南房総を日帰りで行って気づきました。なにせ、初めて日帰りで念入りに計画して行きましたので(笑)

 

あ、昨日の南房総の記事はコチラから移動できます↓

 

tamachanyeah.hatenablog.jp

 

日本一周・世界一周とかの規模だとある程度の進行順や予算は決められますが、見切り発車くらいの気持ちでないと備えて備えてで結果、タイミングを逃して何も出来ないで終了ともなり兼ねます。

 

でも、行動するのってこのくらいの勢いでないと出来ないですよね!勢いとやる気でほとんど成り立ってしまう。

 

だって、明日からやりたい事は?って質問されているわけですからやる気に無意識にさせる事を無意識に選んでいるわけですし、勢いがそこに加わらないとやる気だけじゃ先に進みませんから、この二つのバランスはすごく大事なんだなと思います。

 

 

 

そして、その次にインパクトがあるのは、楽しい事だけをやってつまらない事ややりたくないことの指示をされたら勇気を持ってやらない事も大事だとおっしゃられています。

 

これは私の中で今まで教えられてきた「常識」をひっくり返すようなことでしたね。

 

指示された事をしない。もちろん、バッシングされます。

 

でも、私が薄々思っていた事として、指示した業務にはちゃんと全て意味があるとは言うものの、それって任せる時にある程度本質を説明するべきなのでは?と思います。

 

例えば、100匹の捨て猫を拾ってきて下さい。という指示があったとして、その100匹の猫をどうするの?っていう疑問が出てきます。

 

「可哀想な猫達のためです。」

 

・・・だから何?

 

という指示が良くあります。これが、

「お家の無い猫達への食料確保の募金で100匹分の資金が溜まったので、その資金で猫を助けるためにも100匹の猫達を助けてあげましょう。」

 

と具体的な結論があれば猫愛が強い人なんかには天職になりますよね。

 

可哀想な猫達のため。。。

 

そんな抽象的な指示出されている人達がまず可哀想です。

 

なので、狙いの分からない指示を出されて結果、ゴール地点を間違えたというのが一番のムダです。「電話してその都度聞いて下さい。」とかいう人もいますが、堀江貴文さんもおっしゃられていますが、電話というツールは電話している時間を完全に束縛され、他にやる事を並行して出来ないため、私は嫌いな方です。

 

そんなの、メールとかLINEのようなトークルームで解決出来るようにしてほしいのですが、忘れちゃうからとか謎の言い訳をしてくる。

 

忘れるくらいならそんなシステム自体を辞めるか、手帳買ってメモしろって話です。上司なのにそんな初歩的なこと部下に思わせるなんて、もう思うことが時間のムダなわけです。

 

なので、本当に仕事って選ぶ勇気が必要なのでしょうね。。。

 

 

そんなこんなで、私がブログで記事にしたことの部分部分が本に私のブログ以上に納得出来るストーリーで紹介されているので、是非一度ご覧いただく事をオススメいたします!!