物への出会いも大事なこと

人との出会いは勿論のこと、物に出会う事も生活を豊かにしてくれるチャンスだと思っています。その一つ一つの大事な出会いを記述して残していくブログです。

めちゃめちゃ久しぶりに観ています!世紀末救世主伝説「北斗の拳2」

いやー、何年ぶりでしょか。

 

 

北斗の拳2、ハマってたなー。

 

 

今では、こんなにエグいアニメーションシーンとか出せないですよ。

 

 

そういうところが昔のアニメの良さだったりもしますが、昔の良さも一部は「AND」の考えがどうしても持てない事情があるのでしょうね。

 

 

まず、北斗の拳といえば「テーマソング」です。

 

 

 

これは、北斗の拳北斗の拳2ともに良いです。

 

北斗の拳 「愛をとりもどせ!!」

北斗の拳2  「TOUGH BOY

 

 

昔のアニメって、テーマソングがカッコいいのです。

 

 

結構、タイトル聴くだけでも満足できる部分もあったりなかったり・・・☆

 

 

あまりに好きすぎて、ついさっき何年ぶりだってくらいにギターを30分くらい弾いて北斗の拳2の「TOUGH BOY」をコピーしてみました。

 

 

もちろん、YouTubeにあげましたよ(笑)


北斗の拳2のテーマソングを30分練習して弾いてみた

 

 

ぎこちない音使いが自分で観てて面白いw

 

 

北斗の拳2は今は自宅でご飯を食べている時間の間で視聴しています。なので、一日25分くらいは北斗の拳タイムですね。

 

 

 

 

かれこれ、第7話まで視聴しました。ダメだ、話が続編になると誘惑が強い

 

 

一度だけ誘惑に負けましたが、その後はちゃんと時間配分で割り切っておりますw

 

 

第7話まで観ると、敵かと思っていた登場人物が実は良き心の持ち主だったなんて話があって感動もあれば迫力あるアクション場面はもちろん用意されています。

 

 

あまり話すとネタバレするので些細な感じで説明を止めておきます!

 

 

最初に北斗の拳に出会ったときは神アニメでしたね。北斗の拳北斗の拳2を時間さえあれば連続で見続けていました。

 

 

あの時はまだ時間配分とか何も気にしていなかったな。。。20代前半くらいだっただろうし。。。

 

 

でも、このアニメに出会えてとても嬉しいです

 

 

ナレーションの千葉繁さんは、今の若い人たちでも聞いたことあるのではないという人気のナレーションです!この方のナレーションが無いと北斗の拳が始まらないと言っても過言ではありません!!

 

しかも、ナレーションもやりながらも敵役の人物の声までやりこなすという凄さ。一つのアニメでナレーションと敵役を行うのは珍しいのでしょうか?千葉さんが独特の個性を持っているから記憶に残っていて、同じアニメで2役は普通な事なのでしょうか??

 

 

「うーむ、気になるねぇ〜。」

 

 

最近、こうして気になる有名人さんのトークYouTubeで観るのですが、大体のプロの方が「収録の度に倒れてる」とか「実は平気な顔して凄く辛いし出来るか心配なのです」とかよく聞きます。

 

 

つまり、プロの人って多少無理するくらいで自分の個性を出しているだなと思いました。(もちろん、全ての方では無いでしょう。)

 

 

プロって、自分の考えている力量の範囲以内ではなかなか成り立たないこともあるのだなと、この「北斗の拳2」を観た上でそういったプロの人達がどういう気持ちでアニメに魂を吹き込んだりしているのかということに出会いました。

 

 

そして、千葉繁さんが名言をおっしゃられていました。

「まずはやってみること。他の人がなんと言おうと自分の人生だから。」

 

 

こんな名言で出会えたことだってアニメのおかげ。

 

 

アニメも素晴らしい「物」という形の出会いです。

 

 

さて、北斗の拳2の続きみよー!(←もう誘惑に負けてる)