物への出会いも大事なこと

人との出会いは勿論のこと、物に出会う事も生活を豊かにしてくれるチャンスだと思っています。その一つ一つの大事な出会いを記述して残していくブログです。

実質負担2000円の家計に優しいふるさと納税との出会い

ふるさと納税とは、他の市町村に税金を納めてその代わりに御礼品を頂ける、正にWIN-WINな仕組みのことです。

 

今回のポイントとして、

  • ふるさと納税は簡単に出来る
  • 一人一人に上限金額が決まっている
  • 納めた税金を戻すために

という部分に絞って紹介して行きたいと思います。

  

 【ふるさと納税は簡単に出来る】

ふるさと納税と聞くとやり方がすごく難しいのではないか?と思いますが、実はとても簡単です。

 

皆様、楽天市場ってご存知でしょうか?おそらく、知っている方が多いのではないでしょうか。

 

ふるさと納税は今CMでも流れている「さとふる」さんがすごく利用されています。実際、私もさとふるの利用はもうしており、こちらのサイトでも凄く簡単にやり取りが出来ます。

 

これは私の性格上の話になりますが、何かをするために登録をするということがとても面倒なのです。

 

お財布に優しい制度を利用するために有限の時間を使わなくて良いとことに費やすのは好きではないので、以前から登録しているふるさと納税に縛られない楽天市場にて利用しています。

 

 

↑例として、こんな感じで「ふるさと納税」と検索するだけで商品一覧が出てきます。合計5kgのお肉が納税額10000円ですが、最後には実質2000円になる。コレ、使わない手はありませんよね!?

 

【一人一人に上限金額が決まっている】

ふるさと納税の上限金額は一人一人の条件によって変化があります。それは、年収額や扶養家族がいるかなどです。

 

そのため、上限金額が知らないまま例えばルンバなどの家電のお礼品に納税額を200000円納めたとして、実際の上限額が68000円だったなど、結果ルンバという家電を132000円で購入したことになってしまうので注意が必要です。

 

源泉徴収票があれば簡単に分かる!さとふるさんの上限額早見ページはこちら↓

 

www.furusato-tax.jp

 

【納めた税金を戻すために】

控除額の計算方法など、細かな詳細がありますが、あえてこの場では複雑になるので説明しません。

 

このブログを読んで興味をお持ちになったら、上記のさとふるのリンクから詳しくご覧頂くと良いです。さとふるさんの得意分野をそのまま御利用した方が確実なためです。

 

 

ふるさと納税で納めた税金は後から確定申告・またはワンストップ特例を利用して戻ってきます。この二つの違いを簡単に言うと、

 

確定申告→自分で確定申告をしに行く

 

ワンストップ特例→確定申告しなくても良い制度。経験上、御礼品が来る前に郵便で書類が送られ、その書類を必要書類と一緒に郵送するという作業が発生します。

 

 

これだけ聞くと、時間を費やさない「ワンストップ特例」がとても魅力的ですよね!私も使いたい!!って凄く思いました。

 

しかしながら、ワンストップ特例にも利用できる条件がありました。

 

・納税する自治体が5箇所以内であること

・寄付を行った年の所得で確定申告をする必要が無い人

・住宅ローン控除の申請をする人

・株の損益通算をする人

・医療費控除の申請をする人

 

 

私は、この中の住宅ローン控除の申請をする人に該当するため、すべて自分で確定申告を年に一度することになっております。

 

初めての時は税務署に行って確定申告をしましたが、待つ時間を合わせて4時間は掛かりました・・・(泣)

 

2回目からはe-Taxというインターネットからの申告が可能になったため、2・3回目はパソコンの前でアレコレ試行錯誤しながら申請用紙を作ってポスト投函しましたね。

 

国の控除を受けるためには知識が必要なのかとは思いましたが、理解さえすればお得に国の制度を利用出来るので結果、プラスになってます。

 

 

これからふるさと納税デビューをする予定の方は是非早めにご検討を!!