物への出会いも大事なこと

人との出会いは勿論のこと、物に出会う事も生活を豊かにしてくれるチャンスだと思っています。その一つ一つの大事な出会いを記述して残していくブログです。

【家計簿シリーズ】5週目の家計簿が完了し、タイミング的にも丁度良いため一ヶ月の見直しをしてみた

家計簿シリーズ!

 

5週目が完了し、丁度タイミング的にも約一ヶ月経過したため一ヶ月を振り返ってみました。

 

 <一ヶ月間記述した家計簿の写真>

f:id:tamachanyeah:20180423144413j:plain  f:id:tamachanyeah:20180424020444j:plain

f:id:tamachanyeah:20180424020608j:plain  f:id:tamachanyeah:20180424020635j:plain

f:id:tamachanyeah:20180424020705j:plain

 5週間の雑費の予算は、

 

  1週間1500円 X 5週間 = 7500円

 

が雑費の予算です。今回の結果として、

 

  1週目・・・2132円

  2週目・・・1703円

  3週目・・・1878円

  4週目・・・864円

  5週目・・・2693円

 

合計金額・・・9270円(予算との差異:+1770円

 

という結果でした。

 

おお・・・、目標の予算からは結構オーバーしてしまいました。。。

 

でも、気のせいか家計簿付けているときの方が全く意識のない時よりも雑費は抑えられている気がします。

 

 

結果としてはオーバーしてしまいましたが、約1ヶ月間家計簿を付けた事で色々と勉強になったことがありました。

 

<今回のブログの目次>

 

5週間家計簿を続けられた理由

 家計簿って、最初は付けていても途中から面倒になってやめてしまう事ありますよね。

 

私自身も今回が初めてではなく、以前にも家計簿をちゃんと付けてお金の流れを把握しようと始めた事がありましたが「三日坊主」で終わりました。

 

 

しかし、この5週間家計簿を続けられた理由は4つあります。

 

1.ハードルをとにかく低くした

私の「雑費」という項目は、あえてザックリ大きく分類して「自己投資に繋がらないもの」を全て雑費にまとめたので、雑費の細かな項目まで書いてません。

 

これをもし細かく記載していたら続かなかったです。そこは私自身を一番知っている自分だからこそ、やり方として取り入れた事です。

 

「雑費」というだけでは抽象的で後追いがしにくいのではないかとは思いますが、続けられないことが一番後追い出来ないため、まずは雑費と自分が思える出費をとりあえず全て書き出すというところまでを最低限やる事にしました。

 

とにかく、続けるためには最初のハードルを多めに低くする事が大事です。

 

 

2.将来のPC買換の貯金目標を節約に絡めた

何をするにも「目標」が無いとふわふわした状況になり、気づいたら目標とはかけ離れた行為をしているものです。

 

私自身も家計簿シリーズのブログの途中でそのことに気づき、途中から改善案として取り入れています。

 

作業必須の道具の「PC」が壊れて買換えられないなんてなったら自宅での仕事がストップしてしまうため、そういう事態にならないためにも今から人に笑われる金額(20万円貯めるために1日100円ずつ貯める)を貯金アプリにて自動貯金し続けています。

 

自動貯金アプリ「finbee」のアプリダウンロードはコチラ↓

貯金アプリfinbee
無料
(2018.04.24時点)
posted with ポチレバ

 

この、雑費の週の1500円以内に抑えて残った分をプラスして貯金することで、PC貯金のゴールが近くなってくるのでモチベーションも上がると思い取り入れた週は864円で着手して差額の636円をアプリ貯金に一度上乗せして貯金することに成功しています

 

3.とにかく「自己投資」にお金を使いたい

上記の「PC貯金」も自己投資の項目に入りますね。

 

例えば、毎日500円のお菓子を買っていたとして、とても描きやすくて気持ちが捗りそうなデザインのボールペンが5000円、書きやすさは悪くはないけどデザインは妥協するかといったボールペンが3000円だったとして、毎日のお菓子が買えなくなるから3000円のボールペンに妥協して出費を抑えようとなるとします。

 

私はこの考え方には絶対になりません。毎日500円のお菓子代がムダだと瞬時に決断してすぐにやめられないとしたら半額以下にして5000円のボールペンを購入してアイデアを出し続けていきたいと考えます。

 

「雑費」によって、自己投資が出来ないとかタイミングがズレるなんてとても時間のムダでしかありません。

 

一度きりの人生、時間をムダにしている余裕なんてありません。

 

 

4.スケジュール付箋による「視える化」を取り入れた

無印良品の「フリースケジュール付箋紙」を、もともとスケジュール管理を視える化」させるために取り入れたのですが、このフリースケジュール付箋紙に雑費の管理を追加で取り入れた事により、自分でA4用紙に毎週家計簿表を作る時間をカットしました。

 

毎週家計簿表を作る「付随時間(家計簿表を作って完了するまでの作業の時間)」が、自己投資に時間を使いたいと思う私には「無駄」と判断したため、やめる選択をとりました。

 

結果、このスケジュール付箋紙にしてから雑費の管理はとてもしやすくなりました。あとどのくらい使っても予算を超えないかというのを逆算出来るので良いです。

 

それと、この無印良品の「フリースケジュール付箋紙」は1回買うと35週分ついてくるため、しばらく追加購入する事もないため(1年が52週なので半年以上持ちます)自己投資にはとてもリーズナブルで是非オススメしたい一品です!

 

無印良品のフリースケジュール付箋紙が計画性を向上させてくれたと言っても過言ではないアイテムです。

 

常に作業デスクの見える位置に貼っています。付箋だから貼って剥がせるので机も傷んでおりません。

 

  

家計簿を付けた事でこんなメリットがありました

 

家計簿を付けた事で3つの事を鍛えられました。

 

 

1.計画性が鍛えられる(PDCAサイクル

とにかく1週目はやってみることからスタートして、一週終えたら見直して予算オーバーしたら何が要因なのか、その要因に対しての改善案を考えて、こうすれば予算が減るのではという仮説を立て、それを次週で実行する。このPDCAサイクル(計画→実行→結果確認→改善)を回して回して少しずつ良くしていきます。

 

このPDCAは仕事にもプライベートにも役に立ちます。最初、私はPDCAが良く分からなかったので、本を読んで基本的な事や利用方法を把握してから自分の行動に当てはめて実行しました。

 

その時の本がコチラ↓ 

 

仕事、生活の両方で役に立つプロの情報が1,512円で吸収出来るのなら本当に安い「自己投資」ですよね。

 

私はこの本に合うまでは上長に「お前は1日何をやっているのか分からない」と言われ続けてました。あー、頑張ってるのに悔しい(笑)

 

 

2.「ムダ」と感じていなかった事が「ムダ」に見えて来るようになる

私を例えると、「自己投資以外はムダ」という概念を持つことで食費を家計全体で別に用意しているのに少ないお小遣いから食費を払うのはムダだと思っています。

 

今までよくお菓子を一品購入してた事がありましたが、夜中にお菓子を食べるとか、体に摂取するのもムダで、体に取り入れるのがムダなものを購入したらムダという結果になるので家計簿を取り入れるようになってからはお菓子の購入はしていません。

 

買ってしまうのなら、豆腐とかキムチなどヘルシーで美味しい物を買うようにしています。 

 

3.スケジュール管理アイテムが便利すぎて手放せなくなる 

先ほどオススメのイチオシアイテムと話しをさせていただきました、「無印良品 フリースケジュール付箋紙」がもう今では「必需品」となりました。

 

仕事で手帳が無いと一日の動き方の導線にムダが生じるので、建物の構造に合わせてのやる事の順序と優先順位を意識した計画を立てています。

 

この手帳の活用と一緒で家での作業や雑費の管理をいつも嫌でも目に入る、よく家で自分が長くいる場所の位置に貼り付けていると確認しようと心理が働くのでとても進行状況を見直ししやすいです。

 

もはや、家計簿だけの領域を超えた便利さがあります。

 

まとめ&次週に繋げるための改善案

家計簿をつけると、お金の管理はもちろんのこと、仕事面にも活かせることが身についてきます。

 

これは一石二鳥ですね。

 

家計簿で一番大事なことは「続けること」。自分がこうしたら続けられるという案をハードルを人が笑うくらいガッツリ低くして自分に出してみるのが良いです。

 

それと、自分が何に雑費を使ってしまうのかというのもある程度把握しておくのが良いです。

 

自分が何を我慢できなくて買ってしまうのか。それにメスを入れる明確な改善案が出来るからです。

 

 

次週の私の改善案としては、健康診断でダイエットしないといけないような悪い結果になってしまったため、ダイエットをするという事の目標も絡めて夜勤後の食事は脂物禁止で豆腐などに絞り込むという事です。

 

豆腐なら28円なのでそんなに大きな雑費にもなりにくいですし、体に無駄なエネルギーも取り入れなくて済みます。

 

さて、また明日から目標に向かってガンバロウ・ガンバロウ!!

  

【Apple Watch series2】旧モデルだけど、最近気になってきたApple Watchを色々使い方とか調べて見た(後編)

はい、一昨日に引き続き後編のお時間がやってまいりました!

 

Apple Watch series2の後編です。

 

一昨日、ブログ投稿した前編を下に載せてますので、前編も一緒にご覧頂けると嬉しいです! 

 

【合わせて読みたい記事】

tamachanyeah.hatenablog.jp

 

 

今回のお話は下の三本立てでお送りいたします。

 

 

 一度私のiPhoneに連携してみた

 

そういうわけで、今現在妻のiPhoneApple Watchがヘアリングされているので一度そのペアリングを解除し初期化のうえ、私のiPhoneへ登録してみます。

 

f:id:tamachanyeah:20180423115053p:plain

只今、私のiPhoneApple Watchを接続中。

 

 

f:id:tamachanyeah:20180423115057p:plain

f:id:tamachanyeah:20180423115102p:plain
アップデートデータがあるそうなので、こちらも更新。

 

この更新時間に約3時間掛かりました。土台の設定なので仕方ないのでしょう。時間に余裕のある時に行うのがオススメです。(この3時間の設定があったのでバンド交換のタイミングが進行内でズレがありますが御了承下さい)

 

これで準備は完了しました。これで、アプリも利用出来るようになりました!

 

代表的なアプリ、「iTunes」の利用と、気になっている「Apple Pay」の設定をしてみます。

 

f:id:tamachanyeah:20180423120052j:plain

私のiPhoneに入っている曲が表示されたので再生。

 

f:id:tamachanyeah:20180423120108p:plain

実際に音楽が流れるのはiPhone本体からでした。iPhoneの操作をApple Watchを通して行えるといったところですね。イヤホンを常に付けている場合はかなり便利ですね。

 

 

続いて、「Apple Pay」の設定です。

 

f:id:tamachanyeah:20180423123418j:plain

この「Watch」というアプリから設定していきます。

 

 

f:id:tamachanyeah:20180423123420p:plain



そしてアプリを開いて「マイウォッチ」内の「WalletとApple Pay」というところに入ると上のような画面になるので「カードを追加」を選択。

 

f:id:tamachanyeah:20180423123425p:plain

「続ける」をタップすると、

 

f:id:tamachanyeah:20180423123429p:plain

このような画面になり、カメラが起動します。

 

カメラからカードの番号・有効期限・名前を読み取ってくれるのでとても便利です。

 

 

f:id:tamachanyeah:20180423123434j:plain

個人情報の登録画面を入力完了すると、このようにかざして支払える設定が完了します。

私の持っているクレジットカードで登録が可能だったのが、「楽天カード」でした。支払い方法が「QUICPay」対応の店舗でならかざして支払いを済ませられるようです。

 

JCBデビットやヨドバシゴールドポイントカードが登録出来たらと思いましたが、双方共に非対応のカードでした(泣)

 

 

純正のホワイトスポーツバンドを社外の皮ベルトに交換してみた

このブログを作っていながらも、amazonさんで購入した社外品のApple Watch用の皮ベルトが届きました!

 

f:id:tamachanyeah:20180422144614j:plain

 

今回購入した皮ベルトの詳細・商品購入先リンクはコチラ↓

 

 

早速、ペリペリ君をペリペリ剥がしまして・・・

 

f:id:tamachanyeah:20180422144656j:plain

 

ジャジャーーーーーーーン!!

 

f:id:tamachanyeah:20180422144843j:plain

 

オフォーーーーーー!ホワイトスポーツバンドとはまた違った、大人スタイルなオーラがグングン伝わってきます。

 

f:id:tamachanyeah:20180422145252j:plain

余談ですが、こんな感じでレトロな写真加工をするととてもオシャレだねぇ〜⭐︎

 

 

そんなこんなで、いよいよベルト交換の時が来ました!

f:id:tamachanyeah:20180422145424j:plain

この、ホワイトスポーツバンド(純正品)から皮ベルト(社外品)へと変更してみようと思います!ワクワクするーーー!!

 

f:id:tamachanyeah:20180422145606j:plain

コチラが完成形。おー!なんだか、リッチな感じに仕上がりましたね!シルバーと濃い茶の色の組み合わせって大丈夫なものだろうか?と心配でしたが、全然OKでした。

 

f:id:tamachanyeah:20180422145744j:plain

 

これが手に付けたときのイメージです。2000円でこの見た目の変化なら気持ちが豊かになる「投資」ですね。

 

もともと、私がApple Watchを所持していないためあまり調べたりしたことが無く、Apple Watch用のバンドは純正品しか用意されていないものなのかと思っていました。

 

社外品のバンドの存在に気づいたのは、以前に丸の内の靴屋さんに訪れた時に店員さんがApple Watchを付けていてバンドが皮バンド仕様になっていて、とても高いバンドを付けてますねと話したら、

 

amazonに安くて良いのがあったのでそれを利用しているんです」

 

と言われ、それでamazonで実際に検索をしてみたら本当にたくさんの種類がラインナップされていました。

 

社外品のバンドに巡り会えたのは、新しい人との出会いと、インターネットの情報で得たモノへの出会いがきっかけ。

 

本当に、良い意味で影響を与えてくれる人に出会えると感謝の気持ちで一杯です。

 

こうして、ブログに情報をアップできたのもそういう「出会い」から。

 

そんな大事な人生、よく分からないような使い方を一秒もしたくないですよね。だって、短い人生ですから。

 

 

 最新機種(2018/4/22現在)のApple Watch series3はイヤホンと連動させると通話が出来てスマホが不要!?Series2でも出来るのかどうか試してみた

 

Apple Watch series3はセルラーモデルが出ているという事で、Apple Watch単体でも通話が出来るということなのですが、series2でも似たようなことが出来るのかと試してみました。(series2はセルラーモデルが無いので全く同じ事は出来ません)

 

f:id:tamachanyeah:20180423125324j:plain

Bluetoothイヤホンは、以前から所持していたJabraのイヤホンを使用。

 

f:id:tamachanyeah:20180423125834j:plain

Apple Watch側でBluetoothのペアリングを設定。

 

f:id:tamachanyeah:20180423125339j:plain

電話をする際、キーパッドの機能もあったので、

 

 

f:id:tamachanyeah:20180423125402j:plain

ちょうど、みずほ銀行の残高照会を聴きたくて電話をしてみました。

 

最初、Bluetoothの設定がうまく出来ず、Apple Watch本体から通話の音声が流れましたが(Apple Watch本体にもスピーカーが付いていたのですね!)、色々修正していくうちにイヤホンからの音声に切り替えられました。

 

通話中はiPhoneも通話モードになっていましたが、操作等必要なかったので、Apple Watchとイヤホンがあれば通話は可能でした。でも、series3のセルラーモデルとは違うのが、近くにApple WatchとペアリングしたiPhoneがないと利用できません。

 

でも、iPhoneを携帯しないという事はなかなか無いので私の生活の範囲内では十分な機能だと感じました。

 

 

まとめ

今回、私のiPhoneとのペアリング(初期設定)から始まり、機能の利便性、社外品のバンド交換という事を実施しました。

 

見た目も私の好きな茶系の革バンドになり、やはりモノを大事に使うためには「そのモノにいかに愛着が湧くか」ということが大事であり、その愛着があるからこそ作業も自然に捗ります。

 

そして、機能性の面でも手元で通話が可能だったりiPhone操作を遠隔出来るのは案外時短なのかもしれません。(まだ日常で利用していないため100%とは言い切れませんが)

 

Apple Watch、デジタル感があって私の好みじゃないと思っていましたが、とても良い製品でした。

 

こうして、ブログを書くまでは興味があまりなかったですが、内容を知ると欲しくなりますね。

 

でも、妻のApple Watchなので返却します(笑)

  

      

【思考の整理】会社の事を会社の外で一度止まって考えることにした

最近の私の口癖は、

 

「人を入れるか残業無制限かどっちかにして欲しい」

 

です。後方の「残業無制限」は法的に無理なので結論、人を入れて欲しいといったところ。

 

私の事業で一番人がいたときは6人いたのに、今では2人。しかも、その時より担当場所も広くなっている。

 

当然、「回らない」という現象が起きており、月の半分で一ヶ月最大の40時間のうちの30時間を使うほど。

 

基本的なことをするので精一杯状態でなんのために仕事しているのかはっきり言って分かりませんし、そんな状況だと考えるととてつもなくつまらない。

 

「人が入るまでの我慢の時期」

 

みたいな事を言われましたが、その言葉もいつから言われてるのか。。。もう聞き飽きました・・・。

 

 

と、ここまでが私の主張ですが、こんな事言ってても状況が良くなるわけでも無い

 

そんなわけで、こうしてブログを書きながら思考の整理をしようと考えたのです。

 

まず、私が絶対に負けたく無いことは「計画性」の部分。自分がこの辺りでこの業務を終わらせる行動の間に次の期限の業務の何を並行に終わらせて着手までの距離を縮めるかという事を良く考えています。

 

最近は、この計画も手帳に書いても全く思った通りにいきません。もちろん、残業も出来ないので言い方が悪いですが、出来なかったら諦めるしか無いのです。

 

しかし、そんな状況を話したところで分かってくれるわけが無いのでその状況でどうやりこなしていくかを考えるということに繋がります。

 

 

考えた事をそのままノートに記載。

 

f:id:tamachanyeah:20180422164355j:plain

 

簡単に言うと、今までは①という最優先順位の業務を一日でこなす気持ちで行なっていたのですが、それを1/6のスピードに落とした分、他の業務で自分がやらなくても良い事を準備して早めにやってもらう事で、その日その日の負担を減らすという作戦。

 

自分が担当している事業部の業務を違う事業部の人に任せるのはとても難しい。でも、プライスを作ったりする事は共通の業務なので事業部枠に左右させずに進められる。

 

この方法が思いつくわけです。

 

f:id:tamachanyeah:20180422164734j:plain①という最優先業務の時間を短くする分、②〜⑤の誰でも出来る準備を用意して進めて行く。こうする事で、一つ一つの業務の自分がやるべき事をどんどん絞っていくという作戦です。

 

こんなに実際うまく行かないかもしれませんが、人がいた時のやり方より期待が出来ると感じております。

 

しかも、このスケジュールを立てるのには優先順位やスケジュールの把握がとても大事で管理が出来ていないと成り立たない作戦なので、自然に自分の管理能力も上がって行くのではないかと思ってます。

 

自分への試練ですね。自分の足りないところは一番自分が知っている。だからこそ、その足りない部分を無くすために新しいことに挑戦するのです。

 

さあ、仕事が楽しみになってきたぞ(笑)

 

そんなこんなで、自分の気持ち重視のブログでした(笑)

【Apple Watch series2】旧モデルだけど、最近気になってきたApple Watchを色々使い方とか調べて見た(前編)

タイトル通り、Apple Watch series2(38mm)を持っておりこの「Apple Watch series2」はどのような機能性を持っているのか調べてみました!

 

 

もともと、Apple Watchを購入したきっかけは妻が時計好きだから

私自身、Apple製品の大ファンなのですが、Apple Watchにはなかなか興味が湧いておりませんでした。

 

時計って、私の求める機能として、

 ・仕事中にガンガンぶつけても頑丈でなかなか壊れにくいもの

 ・アナログタイプ

 

この2点は譲れない部分だと思っています。なので、スマートウォッチのデジタル感にはなかなか興味が出ず、長い間G-SHOCKのアナログ&デジタルタイプの時計を愛用しています

 

 

そんな中、妻がある日Apple Watchに興味が湧いたようで、今までに持っていないジャンルというのと、時計好きだからということで近所のヤマダ電機さんに向かい購入することにしました。

 

あれから1年半以上経過したでしょうか。

f:id:tamachanyeah:20180421145222j:plain

結果、お家に飾りになってしまっているApple Watch(笑)勿体無いので、妻に休みの日は付けていってあげてと助言をし、Apple Watchの存在感をなるべく維持していました。

 

仕様をネットで調べてみた

Apple Watchの仕様を調べて見ることにしました。

たくさん記述されていたので特に知りたい部分や良く使われるであろう機能に絞ってます。

 

耐水性能:50m

内臓GPS

Bluetooth4.0

Apple Pay (交通機関の利用・ショッピングの支払いなど)

第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ

272 x 340ピクセル(38mmモデル)

大利用時間:約18時間

 

この辺りが気になる部分になるのでしょうか。

Series1からの進化として、私が良いと思ったのは「防水」部分です。この防水が大きく進化しました。

 

Series1ではIPX7等級の耐水性能があり、これだけの耐水性であれば普通生活範囲内での防水性としては十分ではありますが、夏にプールに行ったりする時などの水に浸けるまでの防水性能はありません

 

しかし、Series2では耐水性能が50mまでOKなのです。上記のシーンやスポーツしたりすることが多い環境では本領発揮をしてくれますし、普段使いでも水の面では更に安心して利用可能です。

 

4万円近く支払って水でアウト!はハードルが高すぎますからね・・・。

 

クレジットカードの連携で支払いもシンプルに可能

 

機能性の説明の部分で「Apple Pay」という部分が出てきましたが、これが噂のカード情報をアップルウォッチに入れて登録。登録後、IDまたはQUICPayの支払い時にタッチする端末にApple Watchの本体を近づけると支払いが完了するという機能です。

 

f:id:tamachanyeah:20180421151900j:plain

 

よく、妻がマクドナルドの会計時にApple Watchをかざして支払いを行っているのを見かけますが、時計で支払い出来るのって本当にすごい!財布も何も出さなくてOKなのでスマートな会計が出来ます。

 

これはアップルウォッチを持っているステータスですね。魅力的な機能と思えます。カード払いが基本の私としても、この支払い方法ならとても楽で良いと思えます。

 

しかし、この機能を手にするためだけにApple Watchが必要かと考えると高額すぎです。4万出すなら財布からカードを出して支払うことを選びます。

 

そこで、更に機能性を追求するため、後編でまたApple Watchのことを調べたいと思います!

 

後編の予告

今回、ブログを記載して更に気になったことがありました。それは、

 ・Apple Watchでアプリを使うこと

 ・純正の白いスポーツバンドが汚れてしまっている

 ・Apple Watch series2でも通話出来るの?

 

というところです。今、Apple Watchの基本設定が妻のiPhoneになっているので、許可を得て私のiPhoneに連携させて今回調べられなかった上記の3項目を調査してみたいと思います。

 

 

次回の後編では、 

 ・妻に許可をもらって一度私のiPhoneに連携してみた

 ・純正の白のスポーツバンドを社外の皮ベルトに交換してみた

 ・最新機種(2018/4//21現在)のSeries3はBTイヤホンと連動させるとスマホ

  不要!?Series2でも出来るのかどうか試してみた

 

の三本でお送りいたします。お楽しみに!!

 

           

【オリジナル商品】オリジナルイラストのスケジュールシールを製作中!

いやはや、こういったソフトを使ったことが今までにあまり無かったので印刷して商品化する前までの段階までの作業にとても苦戦しました・・・。

 

様々な課題にうまく行かないことだらけで苦戦はしましたが、なんとか試行錯誤の上、今の自分達のレベルに合わせた製作の工程が分かってきまして、形にまでになりました。

 

f:id:tamachanyeah:20180419151751j:plain

まだ製作段階なので多々お見せすることが出来ませんが、こんな感じでキャラクターイメージは決まっております。

 

この写真は印刷に失敗したものです。指定の用紙の品番が違っていたもので印刷のズレが生じてしまった結果です(泣)

 

たくさんの製作を考えておりますが、このスケジュールシールも製作の1つの案としてプロジェクトを進めて来ました。

 

作業では、私と妻のそれぞれの得意分野をうまく利用しています。

 

私は絵がうまく書けません。猫を書くと、こんな感じになります。。。

f:id:tamachanyeah:20180419152353j:plain

うん、コレは絵心を感じられませんねー。私がイラスト担当をしないで良かったです・・・。

 

そして、妻はPC操作がそんなに得意では無いので、そこのイラストデータのちょっとした編集やホームページ制作などは私が少ない知識ではありますが、できる限り形にしていく担当をしたり、シールの種類(スケジュール帳に貼る時に昼食・会議などのジャンルを考える)の提案などを行っております。

 

そして、やっとこさ8割型完成したわけです。

 

とてもシンプルなことしか出来てませんが、このシールの商品化をするまでに毎日イラストの編集やステッカー作成ソフトでのバランス調整、提案する種類などを決めながらHP制作の時間も設けながらと本業が始まる5時間以上前から起きて作業して来ました。

 

やっともう少しでスタート地点に立てそうです。

 

 

今まで明確に「コレをやってみたい」みたいなことが中々見つからなく、何が自分のハマる事なのだろうと思っていましたが、現在、自由時間をフルで使ってやっていることはとてもハマっていて楽しいです。でも、このブログに記載した通りシールをちゃんと印刷するまでにも1週間くらい時間が掛かっており、途中で辛くなったりもしました。

 

だからこそ楽しいですし、オリジナル商品販売までの期限も設けて計画的に進めていてその業務の工程やマネジメントみたいなことも全て自分でやれて、他人に左右されることもなく商品を提供出来る。

 

個人事業は会社にいるより大変だと言いますが、いきなり100%個人事業しない選択も出来るわけで、やっぱりやらないよりやった方が経営者目線みたいなものが身につきそうですよね。最初は20%の個人事業でスタートさせて、波に乗れば80%、100%をあげていけば良い。

 

「甘いこと言ってるな」と思われるかもしれませんが、何も発言しないで何考えているか分からなく、結果、何もしないよりは10倍ましだと思ってます。

 

生きている以上、「挑戦」です。

 

失敗したらどうしよう・・・。

 

いやいや、最初から失敗する勝負なんて誰も受けませんよね

 

そんなこんなで、近日中に公開予定のスケジュールシールとHP、そして引き続きこの、

 

「物への出会いも大事なこと」

 

のブログをよろしくお願いいたします!

 

 

【こんな人生を歩みたい】「人生で一度はやってみたいアメリカ横断」という本と動画の内容が憧れすぎる!

今回は本の写真をトップに持ってきてみました。

 

この本、一度本屋さんで出会っているのですが、その時は買うのを検討しました。

 

その時の理由は「自分にはアメリカ横断する時間なんて設けられない」と考えたからです。

 

今の私からその当時の自分へ一言申すなら、

 

「諦めたら、そこで試合終了ですよ」

 

と言ったところでしょうか。

 

先ほど、この「人生で一度はやってみたいアメリカ横断」という本のことを、ふと思い出してその立ち読みでサラッと本の内容を見たときにYou Tube動画の投稿もしているというのを紹介していたので早速観てみました。

 

youtu.be

 

You Tubeで「人生で一度はやってみたいアメリカ横断の旅」と検索したらトップに出てきた動画です。(2018年4月18日現在)

 

この物語の主人公、吉田ちかさんが英語と日本語を使いながら旅で辿り着いた場所の景色を見て、とても神がかった感想をカッコ良く述べていらっしゃられていてとても憧れます。

 

しかも、この上の動画を見てもらえれば分かりますが、初めて観るのに吸い込まれるような構成と、このアメリカ横断というコンセプトにあったBGMがとても素晴らしい。

 

観れば観るほど憧れてしまいます。

 

 

この上で紹介した動画は#633とかなり先の動画のようで、#001から観れるようにリンクが貼られていたので最初はどんな感じで始まったのかなと思って観てみました。

 

youtu.be

 

最初は英語の使い方の紹介をされていたのですね。私は英語が得意では無い方なので勉強になりそうです。

 

以前にKindle電子書籍で「中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本」というのを購入しました。本当に英語が分からないので再度勉強しようと思って購入したものです。また勉強を再開しようと改めて思いました。

 

基本が抜けてたら日常会話を英語で話すのは難しいですからね。。。

 

 

youtu.be

 

↑コチラの動画は人気順のリンクでトップにあった動画です。マックを英語でオーダーとか、コレも一度はやってみたいなー。

 

「Could I get the chicken bacon clubhouse?」

(チキン・ベーコンのクラブハウスをお願いします)

 

うん、カッコえー!!寝る前にこのフレーズを言ってから寝るようにしよう。

 

 

youtu.be

↑この動画、「若さという武器」とサムネイルに記載されていますが、若者じゃなくても聞くべき良い事を話されています。

 

 

そして、最初に話した本に戻るのですが、Kindleでちょこっとサンプルで中身を再度見てみると、このアメリカ横断の旅の動画で訪れたであろう、内容やどうやって移動したり宿の手配を行ったのかという事も記載されています。

 

本を読んだ上で動画を観るとまた違った角度から視聴できますし、動画を観てから本を読んでもアメリカ横断の旅にはこういった手段を利用して訪れていたのかと伝わり方が変わるでしょう!

 

オホー!オススメで紹介していたら自分が欲しくなってきました!よし、今から買いに行こう(笑)

 

 

    

【心にゆとりを】私の作業中の机の上をご紹介&実際に断捨離をした事での感じたメリットを語ります

今回は、現在の私の作業机の上に置いている基本的なものを紹介したいと思います。

 

f:id:tamachanyeah:20180417135832j:plain

 

現在、机の上にあるものは、

 

 1.アイスコーヒー

 2.4月のカレンダー

 3.PC

 4.週のやることや家計簿を付けた付箋

 5.iPhone

 6.GoogleHome(天気予報を確認用にのみ使用)

これだけです。一時的に必要な書類を出したりすることもあったり、PCがデスクトップに変わることもありますが、長い時間7アイテム以上になることはほとんどありません

 

 

机の上に物が少ないことでのメリット 

机の上は物が少ない方が一つ一つのものを使うことに集中出来るのです。

 

理由として、あの書類・この書類と使うであろうものを手の伸ばせるところになんでもかんでも置いたら必要以上の情報が目に入ってきて、本来必要であるべき情報と必要のない情報が混合して作業効率が悪くなるからです。

 

 

過去の断捨離する前の私はこうでした 

私が一番最初に自分でノートPCを購入した時、MacBookがまだ白いボディの時代だった頃のものを選びましたが、その時のMakBook13.3インチもその当時ではムダが削られていてシンプル感があり机の面積もそんなに取られないのでとても愛着湧いて利用していましたが、その周りにスピーカーやオーディオインターフェイス、TV閲覧用のPC用アンテナの機器などいろいろ置いて、マウスを動かすスペースが無くなったので動かさないタイプの物に買い替えたりしていました。

 

足し算ばっかりでしたね(笑)

 

当時は音楽中心でPC作業をしていたため、どうしてもそういった機材が増えるのは仕方ないものだと思ってましたが、MacBookだけ持ってマクドナルドで4時間くらい編集を気分転換にしたりとかもしていたので、そんなに機材が無くても出来たんだろうなと今の私は思います。

 

そのような過去もありましたが、現在では音楽活動はしなくなりました。

 

 

現在の私が断捨離に目覚めた後の行動

現在の私の行っている、ブログ・オリジナルグッズ作成・HP制作にはノートPCとiPhoneがあれば90%は作業が出来るため(残りの10%はiPadApple Pencilでデザイン作成をするぶんです)、基本机の上に常に必要なものや情報はこの6アイテムで成り立つわけです。

 

この考え方のきっかけは、断捨離」に目覚めたということです。

 

私、まだ音楽活動をしていた頃はギターを4本持っていました。一つ一つのギターの特徴や見栄えなどが違うのでシーンに合わせて使い方を変えていきたいと思ってましたが、実際は1〜2本しか使用していませんでした。

 

でも、手放すのは勿体無い、いつかは使う時が来る!と思い残していました。

 

しかし、現在は1本だけです。

 

f:id:tamachanyeah:20180417150802j:plain

 

当時、たくさんのギターの機材も持っていましたが、活動している時に多い時は6〜7個くらい持っていましたが最後は2個まで減り、現在はチューニングの機材が1つだけです。

 

和室のクローゼットが音楽機材で埋め込まれてましたが、今は違うものが少し収納されているほど無くなりました。

 

スペースって使うためのものって思ってましたが、最悪どうしても必要なら使うという考え方に変わりましたね。

 

途中から断捨離のルールも作っていきました。

 

・三ヶ月利用しないものをたまに確認して棚卸しする。

・半年利用していないものは後半年利用しなかったら手放す。

・一年間利用しないものはメルカリに出品する。

・手帳は5年間残しておいてその間に必要な情報をその都度見返して日

 々必要な情報だけまとめていって処分する。

 

 

 

洋服も最近では、

 

 

・靴は2〜3足あれば十分

・仕事着をオンとオフ両方とも着る(ワイシャツに黒パンツなので休

 日に着てもおかしくない)

・上記のため、私服は上と下で2着ずつくらいしか持っていなくてOK

 。それ以上になるならメルカリ出品

 

 

という考えです。

 

たくさんモノを持っていても使わなければ宝の持ち腐れ。それならいっそのこと、メルカリなどのフリマを利用してお金に換金して今の自分に本当に必要な投資として変化させるべきです。

 

そのため、妻に良く言われるのが、

 

「普段、あまり洋服とか靴に欲が無いからたまに高い家電買っても年単位で見るとトントンくらいだね」

 

と話されます。

 

そうなんです。私、家電にはこだわりがあってあまり妥協しないため、一回の買い物が高いのです。

 

それも、ただただ贅沢なままにこだわるだけでは無く、自分のやりたいことをするのであればこのくらいの投資が必要と考えて購入しているのです。

 

たまに、Panasonicの観音開きタイプの大きな冷蔵庫が欲しいと呟くことがありますが、それは冗談だとしても我が家では「ふるさと納税」も良く利用するため、4キロのお肉とかがやって来ると冷凍庫がパンパンで何も入らなくなるのです。

 

そういうのを利用するのなら冷凍室がもっと大きいのが欲しいなと思っています。

 

しかし、現在は冷蔵庫側に合わせてふるさと納税を利用しているため、購入の検討までは至ってはおりません。

 

 

 

断捨離とは「引き算」の集大成である

断捨離、つまり「引き算」がとても大事です。断捨離も引き算も私生活で大事だとこのブログでここまで読むとかなり訴えていると感じられるかと思いますが、仕事でも引き算はとても大事だと思っています。

 

しかしながら、いざ取り組もうとしてもなかなか引き算しようって思っても何を引き算するか分かりませんし、多大な効果をどうやって出せば良いのか分かりませんよね。

 

私も、現在でもこの「引き算」という課題には日々悩んでおります。

 

 

最近、私が引き算だと思って行動したことがあります。

 

先日、ペンケースで立つタイプの物を買おうかなと考えたことがありまして、理由としては今のペンケースが小さくて中身がパンパンなので買い換えるついでに立つペンケースデビューしようと検討していました。

 

しかし、容量を大きくするってどうなのか?大きくすれば付箋とかも常にペンケースに入れて持ち運べると利便性を考えましたが、逆に付箋を持ち運んで使うのか?これ以上のアイテムをペンケースに入れて使いきれるのか、立つタイプのペンケースにして自分の作業への投資になるのかと疑問を持った結果、最終的に行動したのがこれです。

 

 

1.マーカーペン2本を半年以上持ち運んで利用していないので自宅のペン

 ケースへ移動し持ち運ばない

2.利用頻度の少ないボールペンも持ち運ばない

3.本当に毎日のように利用しているフリクションボール、Apple Pencil、

 書き換え不可の書類用にジェットストリームのボールぺン、いざとい

 う時用のフリクション用の替え芯のみにする

 

 

結果、すぐにパンパンになる小さなペンケースもいまでは余裕感があります。

 

f:id:tamachanyeah:20180417150817j:plain

ペンケースを買い替えていたら足し算、ここで持つものを絞るという選択をして引き算になったのです。

 

こういう、身近で感じる事からまずは些細なことでも良いので引き算できることが無いかと探していると意外なことに沢山見つかったりします。

 

是非、断捨離をして気持ちにゆとりのある生活を!!