物への出会いも大事なこと

人との出会いは勿論のこと、物に出会う事も生活を豊かにしてくれるチャンスだと思っています。その一つ一つの大事な出会いを記述して残していくブログです。

新しいブログが立ち上がりましたので報告いたします!

先日、ブログの移行のお話をさせて頂きましたが、私のブログは本日より移行する事になりました。

 

 

投資と資産運用のお金を限りなく「100」に近づける – 将来に困ったり後悔したりしないよう、効率良く人生を楽しむをテーマに記載していくブログ。

▲移行先はコチラです

 

まだ出来たてのため、記事も少なくベーシックなホームページの見た目ではありますが、日を重ねて編集かけて行きます!

 

 

さて、新しいブログではテーマをもとに皆様に資産運用や投資の重要性を私なりに説明していきたいと思っております

 

私を含め、税金を支払っている多くの方がいらっしゃられるわけですが収入の平均2〜3割が税金で国に持っていかれます。

 

その中でも「将来の年金」は貰うことが出来なくなると言われており、私たちは税金を一部無駄に引かれながらも自分の資産を残していく行動を当たり前のように生活に取り入れなければならなくなりました。

 

私は日本に住み続けるであろう、多くの方々に自分の少ないお小遣いからではありますが資産運用の方法や買い物さえもお得にする方法を紹介していこうと思い、その伝えたい内容も信頼性があるようにしたいため、無料で運用していたブログも有料管理に変えて情報提供していこうと決意しました。(ブログを閲覧することはもちろん無料です)

 

そのため、今回変化を付けるために取らせて頂きました「行動の1つ」です。

 

はてなブログには合計109記事の数々の投稿をしてきましたが、このブログも更新しないままずっと放っておくことで情報の信頼も無くなってしまい、閲覧者に迷惑を掛けてしまうため、6月30日を持って閉鎖いたします

 

これからは、新しいブログ「投資と資産運用のお金を限りなく「100」に近づける」をどうぞ、よろしくお願いいたします!

 

▼「投資と資産運用のお金を限りなく「100」に近づける」のURL

http://zukkiblog.com

 

【透明コーラ】ついにコーラまでフレーバーしちゃったの!?大丈夫なものか試しに買ってみました

f:id:tamachanyeah:20180612115919j:plain

▲はい、思わず買ってしまいました、この「コカ・コーラ CLEAR」です。透明なコーラでカロリーゼロって大丈夫なものなのでしょうか!?

 

1961年に日本で出回り始めたコカコーラ 。2018年現在、57年間も愛され続けている商品がついに「大きな変化」をもたらしました。

 

今までもコカコーラピーチなどの味のコラボ系も多々出ておりましたが、私としては透明になったコーラはここ一番の印象的アイテムです。

 

ではでは、早速コップに注いで・・・

 

f:id:tamachanyeah:20180612115932j:plain

▲うーん、コップに注いでもクリアな感じは保たれております。

 

では、早速いただきます!

 

ゴクゴク・・・ゴクゴクゴク・・・・

 

 

 

感想としては、シュワシュワしてレモン風味で美味しいです!

 

カロリーに加えて、たんぱく質・糖質・炭水化物・食塩相当量も0gと表記されております。

 

太る要素はありません!!

 

でも、カフェインは入っているので飲み過ぎには注意して下さいね(笑)

 

 

一年間美味しく飲めるコカコーラ 。クリアと聞くと夏にはこのコーラが通常のコーラの色味よりも涼しげに感じて良いかもしれないですね!

 

私は近隣のKASUMIフードスクエアにて88円+税で購入しました。

 

皆さんも是非、この夏にコカコーラCLEARをスカッと飲んでみて下さい!!

 

 

【ブログの移行】近日中にWordPressへブログを移行します!

皆様の私の日常ブログで最初の頃よりも遥かに一日のアクセス数を支持いただくことが出来てきたので、近日中にこの「はてなブログ」から「WordPress」で構築したブログサイトに移行しようと思います。

 

WordPressってなんぞや?という方もいらっしゃられると思います。

 

 

簡単に説明すると、「完全に自分専用のブログにする」という事です。

 

 

え?今までもそうじゃなかったの!?

 

 

そう思われると思います。

 

 

こうして記事を投稿している「はてなブログ」は「はてなブログ」さんの一つの大きなお家の1部屋を借りて運営しています。

 

 

それを、自分自身がネット上に一つの家を立てて自分の土地でブログ運営をするという仕組みに変更するという事です。

 

 

ブログの見栄えは変わるかもしれませんが、基本、いつでも購読出来るので今まで通りにブログを楽しめます。

 

 

最近、はてなブログにも「Pro」という月額料金を払ってもっと深く運営するグレードに変えようかと思っていたのですが、それでも結局は大きな家の1部屋を借りている状況は変わらないので、知らぬ間にルール違反していて「出ていけ」と言われる(つまり強制退会になる)可能性があります。

 

それが、自分でサイトを構築する事で人のプライバシーを侵害したりなど日本にある「法的」な部分に触れなければ基本自由に利用が出来ます。

 

では、ここで何故自分で1から構築したブログにするのか?

 

私は次の新しいブログでは3つのタイトルをテーマにしたブログに記事を絞って投稿して行こうと計画をしています。

 

それは、

 1、物への出会いだって大事な事 (←これは今のブログでテーマにしている事)

 2、資産管理は面倒だけどやれば「利」になる

 3、旅で得た事はとても大きい

 

この3つで、この3つを総合的にまとめたコンセプトとして、

 

「投資と資産運用にお金を限りなく100に近づける」

 

という大テーマで記事を書いて行こうと思っております。

 

 

これからの時代、日本にい続けるのであれば上記の事は2045年の「AIが人を超える」日までに一日でも早く極めたいトレンドになっている話題だと仮説しています。

 

今、私は本業で接客や商品を出したりサービスの提供をしていますが、それってAIでも出来ちゃう仕事何ですよね?

 

何でかって?

 

結局、「誰でも出来る仕事だから」ですね。

 

今、私がやっている仕事はおそらく、10年後にはもう自動のシステムが導入されてどんどん無くなっていく事でしょう。

 

今となっては埼玉県の大宮に無人のコンビニも出来たので、もはやそのコンビニは人件費はほぼ発生しないわけですよね?必要だとしたら売り場構成に対しての変化対応と品出しくらいですかね。

 

私の本業ではレジも無人のシステムは無く、有人で運営していますが、そのレジが一番自動化される可能性が高いです。

 

だから、33歳の私としての目標はAIには出来ない自分の目線からみた資産運用や投資の考え方を提供していきたいと思い、本気でやる決意をするためにもブログの移行を決めたのです。

 

月々1500円をブログ運用のために支払って行くのですが、これも将来の「投資」だと思って出すことにしました。

 

なんでもそうなのですが、「無料」って凄く嬉しい言葉なのですが、無料にすると私自身の気持ちも追い込まれなくナーナーになってしまうし、無料ではちゃんと理解出来ない変な壁みたいなものも感じるのです。

 

最初のうちは、私のように国語が苦手なのにブログという文を書く事が好きでやり続けられるものなのか?という不安もあり、はてなブログを無料で始めてみましたが、これがやっていくうちにどんどん有料にしたらこという事にも挑戦出来るのでは?とか、1から始める、いわば個人事業に近い環境でどうやって支持されていく状況を作り出すか?ということも考えて行くことになるので、有料だからこそ良いこともあることに最近気づいてきました。

 

まだ、準備段階なのですが、ここ7日以内に移行する予定です。

 

決まったら報告いたします!

 

それまでは今まで通り、このはてなブログにて「物への出会いも大事な事」での投稿を続けます。

【ビデオ撮影】スマホとビデオカメラって、どれだけ機能に差があるの?色々と調べてみました。

よく、YouTuberの人たちが撮影に利用している機材を紹介していたりします。

 

 

それはやっぱり、提供する画面の先にいる視聴者さんに良い作品を提供しようという思いで環境設備を構築されていってるのでしょう。

 

では、今私がメインで撮影している機材はスマホと安価なアクションカメラですが、ちゃんとした機材にした方が良いのかどうか?

 

今回はビデオカメラについて調べてみました。

  

<目次>

 

1.スマホと比較するとどうなのか?

f:id:tamachanyeah:20180609020138j:plain

▲私は現在、AppleのiPhoneSEを利用しています。

 

iPhoneSEは1080p HD/30 fpsを推奨してますが、その上には1080p HD/60 fpsと4K/30 fpsの2パターンが選べます。

 

これ、実際に販売されているビデオカメラの性能と比較してみましょう。

 

▲こちらはBestekerというメーカーの4KビデオカメラHDV-534。4K 30fpsの動画撮影が可能。価格はamazonで13280円(税込)。

  

▲こちらはPanasonicの4KビデオカメラVX985Mという機種。こちらも4K30fpsの動画撮影が可能。価格はamazonで52790円(税込)。

▲こちらはSONYの4KビデオカメラFDR-AX45という機種。こちらも4K30fpsの動画撮影が可能。価格はamazonで83380円(税込)

 

4Kの機能だけでみると、3機種ともiPhoneSEと一緒で4K30fpsという機能性があります。

 

あくまでも、4K30fpsという画質の良さと映像の滑らかさだけの比較なので他の機能性の部分に注目してみると大きな違いがありそうです。

 

では、次の章で調べてみましょう。

 

2.スマホ・ビデオカメラのそれぞれの強み

 

そんなわけで、iPhoneSEと上記の3機種のそれぞれの特徴を調べていきたいと思います。

 

 

▼まずは、iPhoneSE。

f:id:tamachanyeah:20180609030806p:plain

上記の3行は先ほど説明した部分の機能性。ビデオカメラ3機種とiPhoneSEの画素数とフレーム毎秒は同じでした。

 

3倍デジタルズームという部分はビデオカメラと比較すると、iPhoneSEでは程遠いレベルで負けています。

 

注目するべき部分としては、True Toneフラッシュでしょうか。これはAppleだけにある付加価値です。

 

手前の被写体を照らしつつ背景を低速シャッターで適正に露出できる機能を備えていて、一般的なフラッシュの場合は薄暗い場所で撮影すると青白く反射して不自然に見えてしまうのですが、True Toneフラッシュでは実際に見たのと近い写りになります。

 

私がiPhoneSEで撮影した映像があるので、参考ながらに添付させていただきます。

 


芦ノ湖の景色を撮影!

 

 

では、次はBestekerのHDV-534についてです。

 

まず、静止画ですが、48MP(9212 x 5184)の撮影が可能です。これはiPhoneSEと比べると約4倍の性能を持っています。

 

ズーム機能は16倍デジタルズーム機能なのですが、光学ズームでは無いのでここは光学ズーム機能を搭載したiPhoneSEの方がズーム量は3倍で少ないですが、綺麗な撮影は可能です。

 

本体にはmicroSDとSDが各1枚、計2枚差込が可能。最大64GBのものまで対応しており、長時間撮影でもSDカードさえ何枚か持っていれば容量には困りません。

 

充電の差し込み口がmicroUSB TYPE-Bなので、アンドロイドのスマホをお持ちの方は(一部TYPE-Cのものもあるので確認下さい)普段スマホを充電しているケーブルを利用可能です。

 

モバイルバッテリーで出先での充電も可能です。

 

スマホくらいの撮影機能があれば良いけど、電池の減りが早いと困るという方にはこのビデオカメラはリーズナブルなので良いのかなと思います。

 

 

以下の動画は他のYouTubeにアップされていた方の動画を参考までに添付させていただいております。


Andoer HDV-534K Camcorder review

 

 

 

次に、Panasonicの4KビデオカメラVX985Mについてです。

 

4Kの撮影の中でも、30pでの撮影が可能と上記でも説明しましたが、早い動きに30pは60pと比べるとだいぶ滑らかさが落ちる実感を感じやすいのですが、このモデルは速い動きでも鮮明な映像を実現するための、「4KハイスピードMOSセンサー」を搭載してます。

 

速い動きの映像を撮ると歪みが出やすいのですが、そういった部分を抑え、きめ細やかな撮影を可能にしてくれます。

 

HDR動画機能も搭載されており、暗すぎたり明るすぎたりといった動画撮影をちょうど良い明るさにしてくれる優れた機能もあります。

 

夜の撮影時にはナイトモード(赤外線)を搭載し、暗い場所でも滑らかでバッチリな映像を収めることが可能です。

 

商品説明がYouTubeでアップされていたので、こちらも添付します。

 


パナソニック デジタル4Kビデオカメラ HC-VX985M(カメラのキタムラ動画_Panasonic)

 

 

 最後に、SONYの4KビデオカメラFDR-AX45です。

 

このモデルの凄いポイントは「空間光学手ブレ補正」。

この機能の凄い仕組みはSONYさんが実際に動画をアップしているので、この動画をみると参考になります▼

 


ハンディカム:動く君を、ブレずに残したい。【ソニー公式】

 

撮りたい範囲も最大広角26.8mm(16:9、動画撮影時)なので横に広く撮りたい風景とかにも便利です。

 

光学ズームに関しては20倍まで可能。やっぱり、ズームをしたら映像が荒くなるのでは意味が無いですからね。

 

ちなみに、ズームをすると刷ればするほど手ブレが気になりやすくなるのですが、これも、上記の「空間光学手ブレ補正」がしっかりフォローしてくれます。

 

この上位モデルになると、本当にクオリティ良く映像を残したいという方にはかなりオススメなクラスですね。

3.アクションカメラ、デジタルカメラでの動画撮影は実際どうなのか??

 

 

▲アクションカメラはGoPro HERO6、デジタルカメラPanasonic GF9を参照。

 

まずはアクションカメラから。

 

アクションカメラのメリットとしては、防水ケースを利用すると水深10mまで利用可能という、ビデオカメラには出来ない強みを持っています。

 

本体もコンパクトで、マウントを利用することで、自転車のハンドルやメルメットに取り付けたりして走行中の映像を残したりすることができます

 

このGoProHERO6は4K60fpsと、ビデオカメラよりも映像の滑らかさを2倍優れているのが大きなポイントです。しかも、手ぶれ補正機能も進化して搭載。

 

おやおや!?これはGoProHERO6でいけちゃうのでは無いか!?!?

 

更に色々調べてみました!

 

そして、気づいた点はコチラ▼

 

・液晶画面が埋め込みなので自撮りは難しい

・ナイトモードなどが無いので夜にはかなり弱い 

 

でした!

 

確かに、ビデオカメラでは上の欠点は楽勝にクリアしていますよね。

 

 

私が良く視聴しているカズさんがYouTubeにて動画をアップしていましたので、添付いたします!

 


GoPro HERO6の良かった所・悪かった所!

 

 

次はデジタルカメラです。

 

PanasonicのGF9は液晶画面が自分の方に向けることが出来るので自撮りはクリアしております。

 

そして、4K動画記録(4K30p)も可能としてしまうデジタルカメラ。ですが、連続撮影時間は最大5分までです。 

 

後からピントの位置を変更できるのはGF9の強みなのかなと思います。

 

長時間連続での撮影が出来ないのはやはり、デジタルカメラだからなのかもしれません。

 

 

<まとめ>

 

 

スマホでも高画質で撮影は可能ですが、それに加えた欲しい機能があるのかどうかでスマホとビデオカメラの用途がわかれますね。

 

動きのあるものを動きながら撮影したのであれば補正機能に優れたものが必要ですし、立ち止まって撮影するならスマホでも撮影には十分なのかなと思いました。

 

要は、「どんな機能を必要としているか」で何を選ぶというのが決まるのがビデオカメラなのかなと思いました。 

 

【B'z】有楽町で開催中の大型エキシビジョンは6/15まで!皆、急げ!!

B'zの大型エキシビジョン「B'z 30th Year Exhibition ”SCENES” 1988-2018」は、B'zの30周年を記念として今までの活動の流れ・作品・使われてきた道具をショールーム化したイベント。

 

 

 

つまり、B’zの30年間の活動を広く浅く知ることが出来るイベントなのです!

 

 

 

では、この「SCENES」の私なりな魅力ポイントを紹介していきたいと思います。

 

 

<目次>

 

 

1. 30周年の歴史をじっくり感じ取れる

 

ここが一番の「狙い」なのでオススメになります。

 

30年の活動は2部に分かれて公開されており、

 

 

1988-2002 → 2018/4/1(日)〜2018/5/6(日)

2003-2018 → 2018/5/11(金)〜 2018/6/5(金)

 

 

での公開がされております。詳細はオフィシャルHPにて記載されておりますので、以下をクリックすると詳細が分かるページへジャンプ出来ます!

bz-vermillion.com

 

 

今までのリリースしてきたシングル・アルバム・LIVEDVD(BD)・ソロ活動の作品の集大成から始まり、B'zの歴史を知れ、今まで使用してきた衣装や機材が展示され、最後に本人達の直筆の歌詞・楽譜が展示されているという流れの構成になっております。

 

 

2部に分けているからこそ、その時期の良いところが詳しく知れるので本当に良いイベントです!

 

 

 

ではでは、次のポイントで上記の良い点をもっと詳しくお話ししましょう。

 

 

2.試行錯誤して今のB'zサウンドがある!その活動歴を知れるコーナーがあります!

 

B'zといえば、一番最初の頃はサウンドがデジタルな印象でしたよね。2人での活動なのでベースとドラムが打ち込み(シンセサイザーで打ち込みしている)だったのだと思います。

 

それが、どんどん生音に変化していき、今では固定メンバーがサポートしているバンドサウンドに進化しました。

 

この、バンドサウンドになるまでに今までの「形」を一度ガラッと崩して考え直したということが前期で2回あったそうです。

 

こういった話って、あまり聞かないですよね。

 

他にも稲葉さんはもともと高校の教師だったので歌詞を書くという経験が無い中、TAKさんのTMN時代のプロ経験がある意見について行くという、そんな内容も詳しく説明されていました。

 

その一生懸命ついて行かないとだったんだなと思ってしまう事が、ショールームの一番最後に出てくる本人直筆の歌詞・楽譜にTAKさんから一言手書きで添えられていました。

 

この、二人の絡み合いも感じられるので作品を購入するのとはまた違った満足感があります。

 

そして、今年開催が決定したB'z LIVE-GYM Plesure2018 「HINOTORI」に繋がるものも展示されておりました!それがなんなのか・・・。

 

それは、是非有楽町に行ってチェックしてみて下さい!

 

 

私が前期・後期と行った時に書いた記事も一緒に読んでくれたら嬉しいです!

 

▼前期1988-2002

tamachanyeah.hatenablog.jp

 

 

▼後期

tamachanyeah.hatenablog.jp

 

 

3.やっぱり「グッズ」は見逃せない!

 

ショールームを見終えた後、グッズのブースが別に用意されています。

 

やっぱり、行ったからにはグッズは諦められませんね!

 

今回のグッズで「これは人気だろうな」と思ったのが、

 

・人生ゲーム ¥6800(税込)

・B'z PRIDE POTATO(全2種) ¥280(税込)

・ツアートラック(全33種) ¥1500(税込)

 

 

でした。前期では人生ゲームを持っていない人の方が少ないイメージでした(後期は私が行った日は売切れておりました)。この人生ゲーム、勿論B'zさんとのコラボでタカラトミーさんが作り上げたもので、「ツアー」がコンセプトでマスが作られています。

 

これが、パッケージもROCKな感じでカッコよくてインスタ映え間違え無しです!

 

PRIDE POTATOは濃厚のり塩とULTRA NORISHIOの2種類があり、2種類とも「のり塩」です。これはまた斬新で面白いです。普通はのり塩うすしおと来るイメージですが、レッテルから外れているところがまた良いところです!!

 

ツアートラックは1個単位では無く、複数で購入されている方が多かったです。ツアートラックのコーナーが盛り上がっていたのでツアートラックはどんどん無くなっていってましたね。

 

 

 

まとめ

 

上記のように、SCENESに行ったからこそ、LIVEや作品購入とは違ったものをたくさん得る事が出来るイベントです。

 

これから始まるLIVE-GYM Plesure2018 「HINOTORI」に参加予定の方もそうでない方もここでしか知れないこともあるので是非「B'z 30th Year Exhibition ”SCENES” 1988-2018」に足を運んでみて下さい。

【梅雨】雨の日が続くからこそ出来る事を考える!

私、雨の日はほとんど家で過ごします。

 

私の家庭は車を所持していなく、移動手段で持っているのは自転車と250ccのバイク。

 

つまり、雨の日はずぶ濡れになる移動手段しか持っていないわけです。

 

それは家から出たくなくなりますよね。

 

しかも、梅雨時期は6月なので一般的に休みを取っている人々は何にも無い一ヶ月の始まり。とはいえ、7月・8月で休めるのでトントンではありますが。

 

そんな6月も短い人生の中で何十回も経験することになります。何十回もの6月をただ雨という理由でゴロゴロして終えるのは勿体なさすぎる!

 

ということで、雨だからこと楽しめることって無いかなと思ったわけです。

 

私がすぐに思いつくこととして、

 ・自宅BBQ

 ・映画鑑賞

 ・水族館や美術館などの屋内施設

 ・昼呑み

 ・読書

 ・家の大掃除

 ・フリマでの断捨離

 ・成功者のYOU TUBEを観る

 

といろいろ出てきますが、やはり室内で出来ることが多くなりますね。

 

自宅BBQとかなかなかしないので、本当に時間のある時は気晴らしにパーッとやってみるのも良いかもしれませんね!

 

映画鑑賞も、あの時のあの映画を観たいというのがたらふく溜まっていいたらレンタルして一日鑑賞しまくるのも良いかもです。

 

f:id:tamachanyeah:20180606154123p:plain

▲今、レンタルもネットで出来ちゃうので、クレジットカードまたはPOSAカードのネット上で使えるお金があれば外出しなくてもレンタル可能です。

 

個人的にオススメなのは、「成功者のYOU TUBEを観る」ことです。

 

私は最近、メンタリストDaiGoさん、林修先生、堀江貴文さんのトークを良く聴いています。

 

とりあえず、私の目標のために必要なことはいまの本業だけでは成り立たないので、こうした他の職種を持っている方々の意見を聞いていると、自分の当たり前だと思っている事がひっくり返されたりするので良い刺激にもなります。

 

そして、これは堀江貴文さんがおっしゃられていたのですが、違う事をしていてもいつの間にか一つのの線のように点と点で結ばれるのです。

 

本業に他の意見や考え方を取り入れる事で自分が変化し成長のストップを自然に防ぐ事が出来るし、自分が「やりたくない事はしないでこうしたいという事に無意識に取り組む」事で実際はそのほうがうまくいったりするのです。

 

数字の根拠も無いやりたく無い事を指示されたところで「誰得?」となりませんか?

 

得するのはその仕事を指示してやってもらった者だけで会社ややった側には何もプラスな事は無いでしょう。

 

どうして、世の中には目標では無く、手段が目的になっているのでしょうか。

 

数字が目標なら、数字が出せなかったり数字の仮説も伝えならないのならその仕事は「無意味」で切り捨て対象になるわけです。

 

と、ちょっと熱く語ってしまいましたが、こういう考えになったのも「成功者」の意見に耳を傾ける事で得た考え方であります。

 

自宅で何かするというのも良いのですが、雨だからこそ外出して遊ぶっていうのも有りですよね!

 

私、以前に一度雨の日に東京ディズニーシーへ行ったことがありました。雨の日にディズニーとは。。。と思いました。雨の日なのでパレードも中止になったりしており、メイン的なものが無いと寂しいものだなんて思いました。

 

しかし、雨の日の全てが悪いわけでも無かったのです!

 

f:id:tamachanyeah:20180606160138p:plain

 ▲これは、2018/6/6 PM16:00時点での待ち時間。

 

インディ・ジョーンズとレイジングスピリッツの待ち時間がかなり魅力的ではありませんか!?この待ち時間なら80分待ちのタワー・オブ・テラーを待っても人気どころのアトラクションを半日いたとしても回れますよね!

 

レインコートを着るのが必須になってきますが、雨対策をしていれば一部運営中止なものもありますが、考える角度次第で晴れの日よりも良いことってあるんですよね!

 

ちなみに、私が雨でディズニーシーへ行った時はレイジングスピリッツが5分待ちだったので3回連続で楽しみ尽くしました!

 

これ、晴れの日だと、おそらくレイジング・インディ・タワーだけで平均3〜5時間待ちになる可能性がありますよね?

 

8時に入場したとして、もし5時間だったとしたら13時の時点でまだアトラクション3つしか楽しめていない状況です。

 

結果、双方にそれぞれメリットがあるわけですね!

 

実はディズニーって野外のアトラクションよりも屋内アトラクションの方が多かったりするので雨の日でも関係なく楽しめるんですよね。

 

今週はディズニーを倍楽しむのにチャンスかも!?!?

 

まとめると、室内も野外も刺激がある事をするのが良いです。家でゴロゴロも体を休める事を考えたら良い事ですが、私は体を休める時間は寝る時間があるので設けてません。寝る時間以外はこうしてブログを書いたり作品を作ったりしております。

 

休んでたって、チャンスは転がって来ない!1秒1秒にチャンスがやってくる可能性があるとしたらそのチャンスのために動きたいものです!!

 

iPhoneSEの動画にクオリティの設定があったのを最近知りました(笑)

f:id:tamachanyeah:20180606140026j:plain

▲私、今まで動画撮影をしている中で、iPhoneSEとTEESのアクションカメラをシーンに合わせて使い分けています。

 

そして、iPhoneSEの動画撮影には4パターンのクオリティ設定があったのを最近知りました・・・。

 

iPhoneSEの仕様を見ていて、最近撮りに撮っている動画は全て4Kのクオリティで撮影している気でいましたが、まさかの・・・違かった!!

f:id:tamachanyeah:20180606135145p:plain

▲iPhoneSEは4パターンで動画の撮影クオリティを選べます。

 

1. 720p HD/30 fps

2.1080p HD/30 fps ←ココがデフォルト

3.1080p HD/60 fps

4.4K/30 fps

 

上記にも記載の通り、デフォルトの設定が1080p HD/30 fpsだったため、私が思っていた4Kの2つ下のクオリティで4K撮影していたと勘違いしていたわけです。

 

あまり4Kという環境が今自宅に無いので気づかなかったですが、慣れって怖いですよね。

 

それに気づいて良いクオリティに慣れたら当然、そのクオリティよりも下のものを使うっていう事は滅多に無いですもんね。

 

上記の表記を説明すると、720pや1080p、4Kという部分が画像の鮮明さの情報を数字が大きくなるほど、多く持っているので映りが良くなります。(4Kはハイビジョン画質の4倍の情報を持っているため綺麗に映るのです)

 

そして、fpsという部分は画像の滑らかさ。これ、実践してみてもらうと凄く分かるのですが、30fpsと60fpsでは滑らかさが私のような初心者でも分かるレベルで違います。

 

この滑らかさ、凄く良いです!

 

あー、今までの撮影を60fpsで撮りたかった・・・(泣)

 

まだまだ、iPhoneSEはいろいろ試行錯誤して利用してみる価値が十分にありそうです。